日本で遊ぶのは法律上大丈夫なのか?

sd7d 「オンラインカジノって法律的に大丈夫なのかな?」オンカジに興味をもった日本人のほとんどが、この点を疑問に感じるのではないでしょうか?実際、オンカジにトライしている人のほとんどが「プレイ前には法律関係を調べた」とも回答しているようです。

さて、日本でオンラインプレイをしてもOKなのか?という疑問については、「現状、オンラインカジノを取り締まる法律が存在しない」というのが第一の回答となります。そもそも「縛るべき法律が無い」状態なので、「違法/合法」という概念は存在しないことになるのです。

なお、現在日本からのプレイが可能なオンラインカジノを運営する企業のほとんどは海外に拠点を置いた「海外における合法的な企業」です。ですから「運営している企業」についてば、まったくクリーンなものと言えます。

■「ギャンブル」について日本ではどんな法律があるのか?

日本で賭博行為を取り締まる法律としては、以下の二つのものが代表的な存在です。
・刑法185条(賭博)
・刑法186条(常習賭博及び賭博場開張等)

これらの法律では、賭博ができる場所を開くことはもちろん、賭博行為自体を禁じています。つまり「日本人は賭博NG」というのが原則的な考え方です。

ところが実際には、多くの日本人がマカオやラスベガスなどでカジノを楽しんでいますし、その様子をテレビなどでも放映していますよね。これには「場所が国外」というのが理由となります。上記刑法では「国外行為」についてはカバーの外となるため「海外ギャンブルはOK」という考え方になるのです。

さて、では国内オンラインでのプレイはどうでしょうか?例えオンライン上でも、運営サイトの「サーバ」が国内にある場合、上記186条の「国内での賭博場開帳」にあたります。よって「違法=NG」というわけですね。

ところがサーバが海外で、なおかつ運営会社がその国でクリーンな運営を行っている場合、上記の186条にはあてはまりません。さらにギャンブルでの違法行為摘発については、賭博場を開帳している側と賭博場を利用している側の両方の同時摘発が原則となっており、オンラインの「違法行為摘発」はほぼ無理というのが現状です。

つまり現行の日本の刑法ではオンラインカジノを違法行為とすることが非常に困難ということになります。とは言え例えば「宝くじ」のような「政府公認の完全合法」とも言い切れず、「黒とも白とも付かない存在」となっているのです。

■オンラインカジノをすると逮捕される?

上記のとおりオンライン上でのプレイについては「国外/海外」という概念が不確定な存在で、現在の日本においてオンラインプレイで逮捕・摘発された人は「ゼロ」です。ですから「オンラインでプレイしてみようかな?」と考えている人が現在、逮捕の危険性を危惧する必要はまったく無いと言えるでしょう。

とは言え、法律とは「今後一切変わらない」というものではありません。10年後、20年後という「未来」に、オンラインプレイに関わる法律が制定される可能性はゼロとは言えないわけです。しかしそれは「オンラインプレイの規制がスタート」したら、スッパリと手を引けばいいということ。ギャンブルの法律をしっかりと理解し、なおかつ今後の法律の変更に気を配っていれば大丈夫ということになります。

信憑性

Lオンラインカジノをやってみようと考えている方で、最も不安に思われるのは、オンラインカジノのサイトは信用できるのかどうかという点でしょう。

しかし、オンラインカジノをやっているような会社はどこも上場しており、外国の政府の認証も受けております。そして、不正なことをしようものなら、市場によってあっさりと淘汰されてゆくのです。

オンラインカジノが根付くことによって、日本にもカジノ文化が根付いてゆくことを願って止みません。